メンズ

液状化に対する措置

作業員

地震発生の衝撃で地面が液体のようにゆるくなってしまう現象を液状化現象といいます。基本的に液状化の原因となる要素をなくすことで、液状化対策を実行することが可能です。また、地盤改良や構造物の形状を強いものにするなどの対策方法があります。

建物の災害対策

人形

液状化対策には、地下水を排水する方法や地下水と砂を混ぜて地盤を強化させる方法、液状化が懸念する場所を強化して揺れへの耐久性を上げる方法などがありますが、事前に液状化が起こりやすい場所かどうかを調べる工夫も必要になります。

まずは地盤調査から行う

作業員

地震が頻発する日本では、震源地から離れた場所でも液状化などで被害が出ることがあります。そのために、建物を建てる前には地盤調査を行うようにしましょう。数万円から調査は可能です。また液状化対策は、セメント杭工法が一般的ですが、土地の資産価値を下げないためには、産廃の出ない天然砕石杭工法がおすすめです。

建物を脅かす液状化

道路

対策をするためには

建物を建てる際に重要なのがその地盤の強度です。地盤が緩ければ、建物の自重で沈み込んでしまいますし、また揺れが発生すれば振動が伝わりやすく建物へのダメージが大きくなります。このため建物を建てる際には地盤調査が重要になります。その一方で一見強固に見える地盤でも揺れによって緩くなる現象があり、それらは液状化現象と呼ばれます。これは細かい砂の地盤などで起こりうるもので、揺れによって砂などの粒子が揺さぶられて沈み込み、その勢いによって地質に含まれている水分が噴出するというものです。この液状化現象によって表面にある舗装や構造などが破壊され、また水分が噴出した分だけ地盤沈下を引き起こします。この液状化現象が発生することによって建物は重大なダメージを負うことになります。これらの症状は砂丘地帯や三角州、埋立地などで見られ、特に液状化対策がなされていない時代に宅地造成された地域では液状化現象が発生するリスクが高くなります。このため液状化対策は建物を建てる際には重要です。特に事前の地盤調査によって液状化が発生するかどうかを調べ、その状況によって液状化対策を行うことが重要です。一般的な液状化対策としては、セメントや薬品による地盤改良ですが、この場合には表層面のみと限られます。このため杭を打ち込んで建物を支えたり、また地中に穴を掘り、そこに砕石や紙、布、また砂などを充填して水を逃げやすくするといったことで液状化現象の発生を最小限に抑えることができます。